ロゴ

虫歯治療なら信頼できる歯医者で治療しよう【無痛治療もある】

男女

虫歯になるメカニズム

虫歯が出来るメカニズムは、口の中にいる細菌が出す酸が歯を溶かすことで起こります。その菌は糖を餌にしていて、食べ物の糖分から栄養を摂取して強力な酸を作り出します。原因菌で有名なのはミュータンス菌で、糖で増殖し、グルカンというネバネバの物質を作り出して歯にがっちり付着します。集合体となった菌は歯の表面に歯垢(プラーク)を作り、どんどん酸を作り出して歯の成分であるカルシウムやリンを溶け出させてしまいます。すると歯に穴が開き、いわゆる虫歯になります。残念ながら歯医者でもミュータンス菌を完全に排除することは不可能と言われています。菌を増やさないようにすることと、酸を作りにくい環境にすることで少しでも活性させない努力が必要ですので、東京の歯医者で予防歯科を受けることも大切です。

診察室

虫歯治療の流れ

一般的な虫歯治療の流れとしては、虫歯の進行度合いにもよりますが、悪い部分を削って人工物を補填する流れになります。近年は、神経の通っている歯を治療する場合には、痛みを軽減するために最初に麻酔注射を行うのが一般的です。麻酔が効いた後は治療中痛みを感じることもないので、昔に比べればかなり患者の負担は減っています。虫歯の進行度合いが激しい場合は神経を抜いたり、歯を大きく削ってクラウンを被せたり、最終的には抜歯してブリッジや入れ歯、インプラントを行ったりします。ただ近年、歯科治療の恐怖や嘔吐反射などから歯医者に行きたくても行けない人のために、部分的な麻酔注射ではなく、静脈内鎮静法による無痛治療も行われています。点滴によりリラックスした状態になり、夢うつつのうちに治療が終わるようになっています。寝てしまったり気を失ってしまったりするわけではなく、声をかけられれば応えられるのですが、恐怖心も痛みもまったくなく治療することができます。こうした無痛治療は東京の歯医者でも受けられますので、希望する場合は探してみると良いでしょう。